12月24日は?

昼☆すた オリハラです( *´艸`)♪

今年も12月24日が近づいて参りましたYO★

 

 

 

いや~12月24日!本当にワクワクしますね♪

 

ええ、有馬記念が!!

 

https://youtu.be/Cx4v33LyzpA

JRA様はいつもCMが豪華ですね!

いつの時代も有力俳優さんをガッチリGET!

 

特に印象が強いのは↓コチラ↓1999年!

 

このCM懐かしすぎ!しかし木村拓哉様はこの頃が一番輝いていたなぁ・・。

え・・クリスマスイヴ?なんですかそれは。

キリストの誕生日なんかより有馬記念ですよ。

 

なにせ1年の締めくくり!そして年度代表馬の選定にも大きく影響しますからね。

※今年はキタサンブラックでしょうが・・・

 

そしてアストラッチャも追込です☆繁忙期となりますが、

女の子も年度代表決定に重要な時期ですね★

 

今年も元気に12月30日迄営業しております。

オキニのあの娘とヌキ納め、是非お待ちしております♪

 

昼☆スタ オリハラでした~( `ー´)ノ

☆欲望の果てに★

昼スタ☆オリハラです(^^)/♪

このブログを書いているのが10月頭。もういまの時期は秋競馬真っ盛りになっていることでしょう。たくさん当てている未来のワタシを期待しますが、元気にやっていますか?

撃沈していそうで怖いですよ、未来のワタシ!!

 

と、馬の話題からはいりましたので、今日はこの路線で。

皆さまっ!競走馬の名前は誰が決めるかご存知でしょうか?YES!馬主さんです。女の子の「源氏名」も希望があったり担当がつけたりと様々ですが、毎年8000頭近いサラブレッドがデビューをしますので、個性的な馬主さんがいると、ものすごく個性的な馬が突如登場してきます。そんな中から話題になりましたこの1頭をご紹介↓↓↓

 

ジーカップダイスキ

download

なんつー素直な馬主だwww

 

こんなお馬さんが日本ダービー馬とかになった日にはニュースで話題殺到!風紀的にも大変よろしくないですね(笑)

この馬主さんには当店のあの娘を是非紹介したいです。

01

俺のマドンナより @しのぶちゃん です♪

勿論Gカップです♪この娘の凄いトコは、出勤日数が少ないのに指名が多いことです。胸はむしろおまけでプレイが濃厚とのアンケートが多い娘になりますので、出勤表にあがった際は是非呼んでみて下さい♪

 

■余談編

こういう「えっちな名前」のお馬さんもいますが、ホントユニークな馬は多いです。例えば…..

 

ナンデヤネン

7bsYArIGHni2sT1

こっちがツッコミたくなります(笑)

 

他には騎手のパフォーマンス付きのこのお馬さん↓↓

 

ソンナノカンケーネ

download

これは松岡騎手ですね(笑)苦笑してるのは大野騎手だな(笑)

35e69cd6

最近出番が少なくなってきたこの人も浮かばれるかとw

 

 

皆様が馬主様でしたらどんな名前をつけますかね~♪

そういえば「アストラッチャ」にちなみまして、こんなお馬さんもいます。

アストラエンブレム

images

しかも重賞にもでてきます、なかなか強い!!

今後も楽しみです(*’▽’)♪

昼☆スタ オリハラでしたぁ~

 

カジノ法案

昼☆スタオリハラです( ;∀;)

2018年FIFAワールドカップや2020年東京オリンピックも近づいてきたんだなぁ・・と思う今日この頃です。どちらも興味ない訳ではございません。が、一番の興味対象がまったく話がすすんでおりません。SO…

 

カジノ法案 です。

 

download08917b34e8d7a05bd12dc813451df1f3

 

華やかでお酒も優雅に愉しめる。あんなに居心地のいい場所はないと思います。

主観だけでなく、日本は借金大国なわけですから(世界で1位or2位)経済効果も大きく見込めるこの法案。是非チャレンジしてほしいですね。

ところが・・「2020年東京オリンピックに間に合わせよう」「最初の場所は横浜になりそうだ」そんな所から話がまったくすすんでおりません。

勿論大きな試みなので、懸念点も多数。高度に政治的な問題だとは思います。

しかし・・「やったことないんだからやってみないとわかんないじゃん」これが個人的に思う結論です。どんなに知恵を絞ろうと、リスクは必ずついてきます。

 

一番懸念されている点は「ギャンブル依存症」増加とのことですが・・

 

いまさらです。

いまさらすぎますよ。

公営ギャンブルも中止にすると話がでて、結果中止になったでしょうか。

 

どんな場所、どんな時代、どんな世界でも「誘惑」は必ずついてきます。

人生自体が常に枝分かれの分岐点。自分の人生は自分で決めるもの。

人が人を救おうなんておごりです。

 

そんな小さな所よりも全体を是非みてほしいものです。

 

・・・と

自分が行きたいだけですが(笑)

 

以前は、年に1回はカジノに行きたいだけで海外に行っていました( ;∀;)

なんにしても「未来に楽しみなものがある」というのは

生きる糧になると思います♪

 

自分がおじいちゃんになる頃には、、

仲間とカジノで一杯やりたいものですね( *´艸`)

 

 

涙を流したいあなたへ

昼☆スタ オリハラです。

今回は申し訳御座いません。

アストラッチャと全然関係ないお話です。

■最近涙を流してないな・・ という方、ぜひ読んでみてくださいませ。

この美談、実は以前にも投稿させて頂いたのですが、アストラッチャの女の子の数名から「泣いちゃいました」 と言われた内容です。

 

とある馬と とある騎手の。

競馬史上最大の美談でございますm(__)m

↓では、、、どうぞ↓

 

今から30年以上前 キーストンという馬がいました。

ゆくゆく東京優駿を勝利し、ダービー馬になる馬ですが、

デビュー前の馬というのはブラッドスポーツの為、血統により期待のされ方がまったく違います。

このキーストンという馬は世間にまったく注目されていない。

いわゆる期待されていない馬でした。

時を同じくして『冴えない騎手』がおりました。

山本正司ジョッキー。競馬の世界も上下関係の世界です。

先輩ジョッキーがたくさん所属している舞台で、新人ジョッキーの山本は、まったくいい馬を回してもらえず、冴えない騎手生活をおくっていました。 キーストン号と出会うまでは。

とある日、山本騎手に声がかかります。

「山本、この馬みてやってくれ。名前はキーストンだってさ。脚も曲がってるし、まぁどうしょうもないだろうけどなw」

こんな扱いで巡ってきた馬がキーストンでした。

身体は小さく、脚が少し曲がっており、歩様が少し変な馬でした。

先輩騎手、周りに笑われる中、山本は一生懸命キーストンの世話をしました。調教がつけられないならと、とにかく歩かせないと・・と引き運動を長めにとったり。と。他の馬と騎手とは明らかに違う闘いがはじまりました。

 

 

 

時はたち、人馬は悔しさをバネに成長。

人馬の絆はとどまる所を知らず、デビュー戦を10馬身差の大差勝利、そしてそこから瞬く間に5連勝。レコード優勝3回、うち2つはコースレコードという凄まじい馬に成長しました。

皐月賞トライアルの重賞「弥生賞」を3馬身差の圧勝。

山本は重賞初勝利です。

ここからは夢の大舞台へ・・・皐月賞・・。

迎えた皐月賞は、嘘のような惨敗。14着という着外で終了。

敗因は、「騎手の騎乗ミス」

山本はこの時、はじめて騎手やめたほうがいいんじゃないかな・・

と落ち込んだそうです。そして、相棒キーストンに、

「お前は凄い馬だ。俺が上手く導いてあげられなかった・・・ごめんな・・本当にごめんな。」と馬に話かけたそうです。

そしてキーストンも、山本に応えるように、話かけたといいます。

「お前のせいじゃないよ」 と。

 

 

 

この敗戦が実に面白くない人がいます。

そう、馬主さんです。次走は誰もが夢みるダービー。

馬主は調教師に言いました。

「騎手を変えろ!ダービー制覇がかかってるんやぞ!」と。

現代のダービーの優勝賞金は2億。馬主の言い分もごもっともでした。

 

 

騎手と馬の絆は引き裂かれそうになりました。

そんな時、二人の頑張りを誰よりも知っている山本の師匠と調教師は。

馬主の元へ出向き、お願いを乞うたそうです。

「キーストンには山本が一番合っています。ほかの騎手では勝てません。山本に乗せてやってください。」

連日にわたる訪問に馬主も折れ、ついにダービーでの手綱は山本が変わらず握ることが決定しました。

 

 

 

ダービー当日。人馬は不良馬場の中をものともせずに、見事に日本ダービーを制覇しました。山本はこれにより「史上最年少ダービージョッキー」となり、騎乗依頼もこの頃から増えていきます。

相手も強くなり、キーストンも悪戦苦闘を繰り返しながら、順調に勝利を重ねていきます。

この頃からあがった話で、このキーストンという馬は自分が負けてしまったレースで、関係者ががっかりしていると、自分のせいでみんなが・・といわんばかりに元気がなくなり、体調を壊したりということもしばしばあったそうです。山本の気持ちが、馬にも伝わっていた1つの証拠でした。

 

 

この人馬一体のコンビは、これからも活躍していくはずでした。

 

 

 

そして事件は起こります。

1967年 阪神大賞典

このレースでもキーストンは一番人気。

山本を背中に気持ちよく先頭を走り抜けていきます。

誰もがキーストンの勝利を確信した第四コーナー後。

この結末を予想した人はいませんでした。

 

 

 

 

↓【ニコニコ動画が見れる方】↓ 是非!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3626266

 

 

 

 

馬は前脚から崩れ落ちました。

骨折による競争中止。

通常、馬は骨折を発症すると、激痛で暴れまわるのが通常です。

ところが・・・ キーストンは・・・

自分の激痛に耐えながら、3本脚で騎手の元へと

一歩 一歩 と 近づいていきます。

騎手が無事か・・・ ただその一心で。

その時の光景を山本は。

「あー、えらいことになった、と思いましたが、気がつくとすぐそばに、キーストンがいたんです。ということは、そこから離れていったのに、また僕のところに帰ってきたわけですよね。そういうことは朧げに理解できました。
それからキーストンは膝をついて、僕の胸のところに顔を持ってきて、鼻面を押しつけてきました。ぼくはもう、夢中でその顔を抱きましたよ。
そのあと誰かが来たので(中略)その人に手綱を渡して『頼むわ』と言ったまでは覚えてるんですが、また意識がなくなりました」

と 話します。

 

 

 

山本が意識を取り戻し、叫びました。

「キーストン!!キーストンは!!!」

誰もが首を横にふりました。

山本は医務室に走りました。

そこには、安楽死処分をされた後のキーストンが横たわっていました。

誰もしゃべらない沈黙の中、キーストンの安楽死を行った獣医が口を開きます。

「この子はこの小さなからだで注射をすると普通5分ほどで死んで­しまうのですが 15分もたえていました。痛いだろうに鳴き声もあげずにたえてい­ました。 長い間、獣医をしてきましたがこんなすごい馬はじめてです。」

それを聞いた厩務員のひとりが・・・・つぶやきました。
「山本さん・・・・まっとったんやなぁ」と。
それを聞いた山本さんはキーストンの首にだきついて
いつまでも泣­き続けたそうです。

 

 

 

 

そして同時刻。競馬場も異様な空気に包まれていました。

レースを見ていたファン達がJRA職員に、、

「キーストンを殺さないでくれ!お願いだ!」

多くのファンが暴動を起こしていたのです。

暴動を起こしている方も、それを止める職員達も、もう全員が涙を流しながらの問答だったそうな。

 

馬のファンがいる。騎手のファンもいる。

こんなスポーツは競馬だけだな。と私はおもいまふ。

 

 

ちなみに、アストラのスタッフは動物好きが多いです☆

社長はご存知の通り「愛犬家」で有名ですが、動物を飼っているスタッフが結構多いです♪女の子も犬飼いたい!または飼っている子が結構多いですね♪

 

 

 

昼スタ☆オリハラでした<(_ _)>

 

昭和の日♪

いよいよ本日からGWに突入ですね♪

今日は【昭和の日】

古くは昭和天皇時の【天皇誕生日】です。

昔はこの日に競馬の【天皇賞】が行われていたと記憶してます♪

それも今は昔♫

皆様、GWはどのようにお過ごしでしょうか?

行楽・レジャー・楽しみ方はそれぞれですが、お時間ありましたら・・

【デリヘル】もね♪

人気娘が多数在籍♪

是非ともお気に入りの女の子をお探し頂ければと思います♪

アストラッチャ本日の出勤表は⇒『コチラ』

俺のマドンナ本日の出勤表は⇒『コチラ』

 

 

パチスロ記~⑳大合唱始まる~

fb2adeaf6133a5abf0d8c14ae71dc455-1024x577

 

いきなりスミマセン。どうも岡嶋です♪

ユニバーサル系の機種が幅を効かせていた4号機初期に於いて、

外すことのできない機種が今回の主役です♪

 

コイツです♪

4-newpulsar

ニューパルサー(山佐)

 

そう、ご存知大量リーチ目がウリの山佐が!

ユニバーサルに対抗すべく総力を結集して送り出した最初の4号機です♪

0号機から引き継がれてきた【パルサー】シリーズの完成形がここに!

 

スイカ・土星など、緑色の図柄がリーチ目の肝となる重要度が高い図柄でしたが・・

遂に!こちらが実際にBIG図柄に昇格!

キャラクター路線の元祖として、BIG図柄に【カエル】(やっぱり緑w)を採用。

 

7図柄とカエル図柄で別のファンファーレが採用され、更にサウンドを活かす為に、

パチスロ史上初となるFM音源を搭載!

迫力のある低音域に加えて、【カエル】を揃えた時にはファンファーレとは別に・・

『ゲロゲロッ!ゲロゲロッ!』とカエルの鳴き声まで再現♪

 

高設定域での機械割も高く、爆発力もナカナカのもの。

自身も数回経験しましたが、抜群の安定感と伸び続けるコイン。

一日にいっぱいリーチ目を拝めて、獲得も4~5000枚が見込めてウキウキでした(笑)

 

また、微弱ながら4号機の特徴とも言える技術介入要素も盛り込まれ、

小役の減算値を利用した設定判別が可能になった!

私自身も初めて設定看破を意識したのもニューパルでした。

※設定判別に関しては後に別機種の回に詳しくお話ししたいと思います。

 

以上、4号機としてはかなり完成度の高い機種として華々しくデビューを飾ります♪

 

 

さて、山佐と言えば?

そう、大量のリーチ目です(笑)

本機にも1000通りを超える大量のリーチ目が搭載されていました。

ザックリご紹介すると・・

21

上はあくまでもメーカー発表のザックリです(笑)

 

代名詞とも言える7図柄のケツテンもモチロン継承。

【スープラ】から継承された【ゲチェナ】が世間に浸透したのもニューパルから。

 

マニアックなリーチ目?

えぇ、いっぱいありましたよ。説明しきれないくらい・・(笑)

山佐伝統の成立ゲーム限定のリーチ目等もあったり・・

 

でも、結論から言いますと・・

現在では当然の様に採用されているチェリーからの対角挟み形などの元祖となったのがニューパルだったと思います。

 

でも、前作の【ビーパル】を愛し続けた私にとっては若干物足りなく感じて・・

えっ?どこがって?

まぁ、話せば長いんですけどね・・

左リールにボーナス図柄が無いとリーチ目にならないんですよね。残念ながら・・

 

左リールにオレンジ・プラム・オレンジからのオレンジのV型停止目とか・・

左リールにプラム・オレンジ・プラムから中リール上段7&右リール下段7とか・・

 

こ~ゆ~目でドヤ顔で下皿のコインを箱に移すのがエクスタシ~~なのであって・・

ちょっとね・・

 

でも、世間の反応は正反対!(笑)

爆発的な人気を博し、全国各地の殆どのホールに設置が進み、

累計設置台数はなんと22万台!

 

この記録は【あの機種】が破るまで実に10年以上!売上&設置台数記録を維持し続ける事になります!!

 

初期の4号機時代を大量リーチ目機種の全盛期へと導きます♪

 

しかし、あまりの人気に異常事態が発生します。

 

山佐自身も後継&キャラクター路線の拡大として・・

dbs

【ダイバーズ】

キャラクターはカメ!やっぱり緑!ゲチェカメを更に浸透させた隠れた名機。

 

url

【ピンクパンサー】

なんと!あのピンクパンサーをスロット化!ピンクのキャラクターは初めて!

 

等の新機種と【ケロケロパルサー】や【ワンパクパルサー】等の後継機種を発表!

だがしかし!

山佐の営業マンが新台を薦めても断られる。

何故ならニューパルを外したくないから!

こんな事態にまでなっていたそうです(笑)

 

全ての客層に長く幅広く愛された名機。

今回はニューパルサーのお話でした♪

 

次回!

山佐の独走を止めたのは、やはりユニバーサルだった!

次回から技術介入シリーズに突入です♪

お楽しみに♪

 

 

競馬~忘れられないレース編~⑤デュランダル

昼スタッフのオリハラでっす☆彡

この上記の☆彡マーク。実は私の癖でして。

メール会員様!このマークの入ったメールが届いた時はだいたい私がメールを作成させて頂いております(笑)

さて・・本日の主役はっ・・・コヤツですっ!!!↓↓↓

imgres durandal4n

ド派手なメンコが印象的!ュランダル です♪

聖剣 や 伝家の宝刀 などなど・・異名がたくさん!!

別名『鼻たれ池添を漢にした馬』でございます!ww

実は個人的に—ウチのスタッフを馬で例えると?!—何!?

みたいなネタも作っていたのですが、、、

私の中では『当店の社長のイメージがこのデュランダル』でした!

ぁ、ちなみに私は『フェノーメノ』でお願いします(笑)

 

ではこのデュランダルの思い出のレースはっ!!

2003年のスプリンターズSです!ご覧ください☆

※デュランダルは8番(黄色い帽子)最後方です!

デュランダルとは刀の名前でお馴染みですが

凄まじい切れ味はまさに刀!!

俄然前が有利なスプリント戦で最後方スタンバイ。

上がり3ハロン33秒1の鬼脚でぶっ飛んできます!

※ゴール後の池添のガッツポーズが若干いらっとしますw

CVS0UXrU4AAhU6Z

デュランダルは非常に気性が荒く、ゲート内で落ち着きを保てずスタートがうまく切れない傾向があり、3歳時に騎乗した武豊が調教師の坂口に「この馬は後ろから行って大外を回った方が走る」と進言したこともあり、以降馬群の大外を回って追い込むレーススタイルが定着しました。

そして・・・2013年7月7日にこの世を去ったデュランダル。

種馬としてもまだまだこれからの馬だったと思います。

その血がやがて受け継がれ、いつか聖剣に届く力を・・・

ありがとうデュランダル!!

images

 

 

競馬~忘れられないレース編~④ブロードアピール

昼スタッフのオリハラです( `ー´)ノこんちゃ!

本日はっ、芝レースばかりなので砂(ダート)のレースから☆彡

今回のレースは2000年の根岸S(GⅢ)!

もう16年も前なんですねぇ、、あ・・わたしまだ当時10代です(笑)

主役のお馬さんはっ・・・コチラ☆彡↓ ↓ ↓

6ad47716 show_photo

砂に目覚めたサンドガール! ブロードアピール!

GⅠ馬ばかり紹介してきたので、若干マイナー?な印象ですが。

彼女は凄いです!凄さの秘密はキレです☆

今回ご紹介のレースは彼女を一躍有名にしたレースで、

ユーチューブにあがるコメントは・・・

【競馬わかんないけどこの馬がすごいのはわかる】

こんな意見が多いですね♪

最後の直線まで最後方にて追走。

(基本、砂(ダート)レースは前にいった馬が強い傾向があります)

直線でみたものはっ?!

 

そしてもう一点注目してほしいのは、アナウンス!!

実況は青嶋アナで、このアナはいい時とダメな時が両極端!!

競馬は実況で熱の入り方がかなり変わります。

よくみていた青嶋っ!!必見です♪

※ブロードアピールは13番(オレンジ帽子)です。

↓   ↓   ↓

 

砂で上がり3ハロン34.3は衝撃的!!

しかも騎手はハナタレ武幸四郎!(武豊の弟です)

凄まじい切れ味です(*ノωノ) そしてまぁ、青嶋が外に気が付くタイミングが神!

残念ながら子供はあまり活躍しておりませんが、、、

こんないいレースをまた見たいですね☆

o0640048012445944506

鉈の切れ味 ブロードアピール でした( ゚Д゚)ハッ

 

パチスロ記~⑲夏の日の君に~

ど~も、ど~も♪

最近、全く勝ててないのは3号機編をハショッたからか?

などと思い始めている岡嶋です♪

 

さて、前回から登場した4号機ですが、年が変わり、1993年に入ると・・。

既存の日本のメーカーからも続々と4号機の発表&導入が開始される。

 

先ずは前回登場のチェリーバーでエレクトロコイン社に技術協力をし、

4号機時代の先駆者となったユニバーサルから・・

c7090cf4

SOLEX(ソレックス) ユニバーサル販売

チェリーバーを更に日本向けにチューンナップされた。

同機にもREGボーナスは無く、BIGと『ベルラッシュ』と呼ばれるシングル集中役の組み合わせ。

ボーナス成立のフラッシュ告知が多数搭載された。

個人的に好きだったのは、一瞬リール全体が消灯してすぐさま点灯するフラッシュ。

打ってると逆に一瞬全体が光った様に見え、『眩すぃ~!』とか言ってました(笑)。

 

更にはコンチネンタルの後継機との前触れで登場したのが・・

ca50130d46ac07db24e6f5edbcdd56ce

オリエンタル (ユニバーサル販売)

集中役を無くし、オーソドックスなAタイプ仕様に。

行って→戻って←からの→また行って~と、

一往復半するフラッシュが好きでした。

 

続いて系列のメーシー販売から・・4号機初のBタイプが登場!

97a0322ce73f94cf1d557693f084343c

Tropicana(トロピカーナ)

Bタイプ&REG無し!シングルも存在するが発生率は低く集中役も無い!

という仕様だけあって、とにかく当たりがメッチャ軽い!

高設定台に座ると、マジでポコポコ当たる!

その分、獲得枚数も少ない(250~270枚)ので、ノマれるのも早かった!

しかも当時は交換率が低く(当時は7~8枚交換が主流)、中間設定でもジリジリとチンタラ負ける台でした(笑)。

でも、初期の4号機ではかなり打った方かな?

 

まさに1993年の夏ごろまではコイツに夢中~!いきなり恋してしまったよ~夏の日~の君に~♪

ってな感じでした(お約束)。

 

でも、人気はイマイチで曲と一緒で一発屋だったような記憶がするな・・(笑)

 

ところで!話は変わりますが・・トロピと言えば?

私より少し年配のスロッターさんならご存知でしょう♪

 

そう!1.5号機時代の吸い込み方式の名機♪

tropicana7x

Tropicana7 (トロピカーナセブン)に搭載された

前兆突入時に発生するリールのスタートの【遅れ】です!

 

この【遅れ】、トロピ7の実機も打った経験が無く、

4号機のトロピに継承されているかの確認もできていませんでしたが・・

実際、どうだったんでしょうか?

 

スタート音の【遅れ】はかなり敏感に察知できるのですが・・

動画で見てもほとんどわからないレベル・・。

 

 

まだまだトーシロレベルだった私には分かりませんでした(泣)。

 

さて!4号機はまたしてもユニバーサル系列が主導権を握って寡占状態になっていくのか!?

 

・・んなワケありませんよね(笑)。

私の大好きなあのメーカーが指を咥えて黙って見てる筈が無いですよね?(笑)

 

次回!一世を風靡したアイツが登場です!お楽しみに!