求人情報

必中競馬予想~vol玖.~宝塚記念~

サブコンテンツ

どうも!昼スタッフオリハラです♪

函館競馬がはじまりました!

来月は土日に連休を頂きまして、福島競馬場へ行ってまいります♪

福島は2年ぶりなので楽しみです!レッツバカンス!

 

さて・・・福島旅行への旅資金を調達せねばいけません。

ええ、わかっております。だいたいこういうこと言う奴ははずれるんです(笑)

さぁ 宝塚記念よ! 私を祝福しなさいっ!

オルフェーヴル復活の宝塚では×万円単勝にぶち込んで震えたなぁ・・

11m

今年は去年が『カス』と言えてしまえるくらいの好メンバー!

 

今回はまとめた見解を書かせて頂きます。

まず、阪神タイプの馬を探します。ポイントとしては、、、

①坂があったほうが好都合というパワータイプ

②瞬発力よりも持続できる脚からのロングスパートができる馬

③内回りで狭いコースの適正

 

手っ取り早い話、コイツみたいな馬を探せばいいわけです。

『ヤッホー』(去年の宝塚記念です)笑

rr

今年は外れてもの覚悟で6頭まで絞りました。

 

◎⑨ドゥラメンテ

この馬は日記を始めたころから書いている馬ですね【コチラへどうぞ】ず~~っと追いかけてます。ず~~っと勝っているのでかなりお世話になってるお馬さんでもあります(笑)適正云々よりも、もはや世界的レベルの馬なので、『ちゃんと走ればまず負けない』が前提の馬です。問題は今回がちゃんと走れるかですが、調整面は海外帰りで気になる部分ではありますが、状態は悪くないように見えます。飛べば一気に高配当となりますが、能力面と大好き度でもはや軸をはずすことができなくなっております。ただ1つ間違いなく言えることは、この馬『左手前が得意です』よって、絶対に右回りのほうが得意なのでコースは狭くなりますが、マイナスって要因は少ないとおもいます。今年は凱旋門賞にマカヒキと向かう予定。勝って日本最強馬の旗を持って向かってほしいです。

 

〇②アンビシャス

ポテンシャルは相当なものだと思います。前走の大阪杯は同じ舞台での勝利。いつもよりもかかり気味なポジションながらも、その卓越した能力で押し切りキタサンブラックを撃破。あがりも33.4で申し分ありません。自分の競馬ができていればもっと楽勝だったのではないでしょうか。もともとこの馬は福島のラジN勝ちの時から能力を認めていたので買いたいとは思っていました。怖い点はやはり折り合いで、前走は横山騎手がうまいことコントロールできましたが、この横山騎手は最強の騎乗と最低の騎乗をするまさに諸刃の剣の騎手。あとは58キロ斤量をこなせるかがポイントです。

 

▲⑧ステファノス

この馬もデビューから気にしていた1頭。阪神コースの成績は【1.1.1.0】と完璧。でも走りをみてる限りは直線のキレ勝負な為、阪神にすごく向いているか?と聞かれるとそうでもありません。案外広い府中のほうがいいかもしれません。ではなぜ買うか。乗り方を一工夫したら届くんじゃないかって思えるからです。今回も騎手は天才戸崎。前走、おなじ阪神で届かなかった。乗り方を変えてくれると思うのです。そして前走で叩かれているので2走目の上積みも期待できます。今回のダークホースです☆

 

△⑦ラブリーディ

正直もう少し人気するのかなぁ・・と思ってましたが現状4番人気。前年の優勝馬ですね。この馬は本当に器用で上手な競馬ができるのが強み。できれば道悪は歓迎できないタイプなので馬場の回復具合では切りもありますが、絶好調ルメール騎手が乗りますし、このオッズならいれたほうが得策でしょう。能力自体がピークをすぎて下降気味という意見も多いのですが、どのレースもまだまだスピード指数も優秀なので軽視は危険そうです。

 

☆③キタサンブラック

いろんな場所で文字通り祭り上げられていて人気先行型になっています。能力ももちろん高いのですが、個人的にはいっつも展開に恵まれて本当に『運がいい馬』だとおもいます。今回も恩恵をうけられるかという点ですが、恩恵よりもどちらかというと京都タイプかなという点から評価を下げてます。天皇賞の反動もありそうな気もします。

 

★⑤シュヴァルグラン

この馬はおもしろいと思います。阪神実績も十分です。福永なのが気に入りませんが・・(笑)特に好感がもてたのは舞台は京都ですが天皇賞ですね。前が残った展開の中、後ろから3着まで突っ込んできました。勝つまではどうかとおもいますが、2.3着は十分あり得るとおもいます。

 

1~5番人気と7番人気のステファノス ・・・ つまり荒れない予想となりました。

荒れる予想は函館てガンガンいってますw

さて・・・宿代くらいになりますよーにっ(笑)

 

女性スタッフブログ

埼玉高収入デリヘル
埼玉高収入デリヘル

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ