共通月間イベントのお知らせ

11月の月間イベント
GOGO割引、フレッシュ割引を毎日実施!
カード手数料半額!
11月はカード手数料を半額です!

俺の風俗体験記 ~白川PartⅠ~第十七話

りょうの攻めはさらに激しさを増す。
俺は両手をあげるように促される。
―こいつ!シャツやズボンのボタンだけじゃ飽き足らずにヒートテックまでその手に掛けて殺めるつもりか!―
だが俺はあえて相手の策略に従う。
素直に両手を上げた。
スルスルとシャツは、りょうの手によって俺の腹、胸、腕を伝ってまくし上げられていく。
しかし顔を覆うほどにたくし上げられた時に事件は起こった。
突然の停止。
りょうは急にヒートテックを脱がすのを止めた。
『見えないのって興奮するでしょ?』
そう言って、なんと自分の舌で汗ばんだ俺の背中を愛撫し始めたのだ。
―チッ!ここで視界に加え、両手の自由まで奪われるとは。俺もとうとうヤキが回ったか?―
なおもりょうの猛攻は続く。
『くすぐったい?』
そう言いながらもりょうは腰あたりから首筋まで丹念に俺の背中を舐め上げていく。
『いや、あっ、あっ、気持ちいいです。』
りょうの攻めが止むことは決してない。
彼女の攻めが雨ならば、世界中の飢饉問題、干ばつは全て解決されるだろう。
『乳首も気持ちいい?』
ここまでくれば…えーいままよ。
経験が告げる。
俺は流れに身を任せる。
『ハイ。』
良い返事だ。
ピッカピカの一年生にも決して負けてはいないつもりだ。
りょうは左手で俺のヒートテックを使い自由を奪いつつ、回り込むように俺の乳首を舐める。
チロチロ。
チロチロ。
まるでそんな音が聞こえそうなほどに。
レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ。
と、漫画や文章ならこう描くべき高速の舌遣いを織り交ぜる。
何分かその攻めは続いたのだろうか?
あっと言う間でもあり、永遠でもある時間。
見えている俺の上半身は全てりょうの唾液で大海に変わっていた気がした。
りょうはようやく脱がせかけたヒートテックを俺の体から切り離した。
―しばしのお別れだ、ヒートテック。なぁに、またきっとどこかで会えるさ―
俺が別れの余韻に浸っている間にりょうはいつの間にか黒のハイネックニットを脱いでいた。
格闘技ならバックを取られたら終わりだ。
それはこのウインナースポーツとて同じ事が言える。
りょうは俺をその場に立たせる。
すでに正門は開いている。
今の彼女なら城内に侵入することは容易いだろう。
おれのズボンはいとも簡単に、彼女が手を下すまでもなく。
ただ、チャックと言っても外国人の名前ではない。
ジッパーの事だ。
そのチャックをりょうが下ろした。
立ち上がった瞬間にズボンは無残にも床へとずり落ちた。
いよいよ俺は下着一丁。
そう、大事なものは必ず守る。
仲間の死で涙に濡れたCalvin Kleinだけが俺を守ってくれていた。

続く