俺の風俗体験記 ~白川PartⅠ~第二十話

当店からのお知らせ事項

ネット予約に関して
net予約の返信アドレスが下記に変更されました。

astraccha.g@gmail.com

大変お手数ではございますが、拒否設定の解除、若しくは、指定受信ドメインにご登録をお願い致します。

りょうは手に取ったローションを何やらタッパーウェアのような容器の中でお湯と混ぜ始めた。
ローションの滑らかさが彼女の指で疾走する。
生き物のようにネバネバと、持ち上げた手から落ちる。
『はうぅううううううう』
何が起こったのか、一瞬分からなかった。
事もあろうに、りょうは俺のNYへローションを垂らしたのだ。
そして高速で動かされる指先。
胴体から頭へ、そしてまた胴体へ。
頭、胴体、頭、頭、頭、胴体。
りょうが問う。
『どぉう?気持ちいい?』
胴体、頭、頭、頭、頭頂部、そして頭。
『気持ちいいですっ!気持ちいいですぅううううう!』
攻めはすでに生用心棒だけでなく、全身に広がりを見せ始めている。
このままここで俺は殺られるのか?
果てるのか?
彼女の攻めが最高潮かと思われた時、またも指は舌は動きを止める。
りょうがあの無邪気な笑顔を見せる。
『じゃあ、シャワー浴びよっか?』
―えぇぇえーーーー!!―
―ちょっと待って下さいよ!ちょっと待って下さいよ!―
―これで終わりですか?こんだけで終わりですか?―
俺の幻想はすぐに打ち砕かれることになる。
りょうはTバックを脱ぐとシャワールームに入った。
そして彼女は武器をローションからボディーソープへと持ち替えた。
俺への拷問は変わらずに続いた。
驚いた事に、いつの間にか浴槽には湯が張られていた。
ボディーソープで俺の体を念入りに弄びながら洗う彼女。
シャワーで体を洗い流すのも早々に、黒く濁った液体を俺に差し出す。
一息入れろという意味なのだろうか?
プラスティックのコップに入った液体はまさしくアメリカンコーヒーのそれと一緒で黒い。
俺は毒を食らわば皿までとばかりにそのコップを受け取る。
そっと口元に近づける。
この匂い。
遠いあの日を思い出す。
大学生のあの頃、いや大学にはそもそも行っていない。
高校生のあの頃、そもそも高校も中退だ。
もっと前、年端も行かないガキの頃だ。
―そうか!これはイソジンだ!―
俺はイソジンを口に含みうがいをした。
プロフェッショナルにはプロフェッショナルの流儀が、ルールがある。
それだけはおかしちゃいけない領域だ。
いやテリトリーだ。
言い方的にはそちらの方が格好良い。
彼女に空になったコップを渡すと彼女もうがいをした。
―やはり彼女がプロフェッショナルであると言う事実は動じない―
彼女は簡単に自分の体を綺麗にすると浴槽へと浸かった。
なみなみと入ったお湯が浴槽からお湯があふれ出す。

そう言えば…
昔、アルキメデスは王に黄金で作られた王冠が真に黄金だけで作られたかどうかを確かめろと命じたらしい。アルキメデスは考えた。もちろん冠を溶かしたりすれば簡単に分かることだが、素晴らしい細工の施された王冠を壊す訳にはいかない。アルキメデスは考え疲れ果てた。そして疲れを取ろうと湯に浸かった。自分が入る事によって溢れ出す湯を見て、王冠が純金であるかどうかを調べる方法を発見した。嬉しさのあまり、浴槽から飛び出して外に出てこう叫んだそうだ。
『ヘウレーカ!ヘウレーカ!』と。
昔のギリシャ語で、見つけたや発見したと言う意味らしい。

余談が過ぎた。
はっきり言おう。長すぎた。
風呂場で出来事は割愛するが、俺は風呂場でフェラを数秒された。
思い返せば、後にも先にもりょうにフェラをされたのはその数秒だけだった。
結局それが俺と彼女の関係を示していたのかも知れない。
俺とりょうはシャワールームを出るとベッドへと移動した。

続く。