求人情報

俺の風俗体験記 ~白川PartⅠ~最終話

サブコンテンツ

歓喜。
歓喜が全身を駆け巡る。
体中の血肉が沸き踊るようだった。
りょう様のお許しが出たのだ。
りょう様の指先のスピードは最高潮にまで達していた。
俺のニューヨークがりょう様と言うテロに合い、米軍出動までは時間の問題だった。
激しい手、指先の動き。
俺のNYはりょう様のTKテクニックで16ビートに達していた。
否!!
32ビートすらも上回っていただろう。
尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ!!
尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ!!
尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ尻穴ズポ指ピク亀頭シャッ!!
『もう、もお、いぎっいぎfdsdjfkrさgf』
『いぎっ!!いぎそうです!!』
りょう様も俺を発射(イ)かそうとしてくれているのだろうか?
加速は増すばかり。
しかし運命を握るりょう様はいたずらっぽく笑った。ように見えてこう言い放った。
『ふふふっ。やっぱり発射(イ)っちゃ駄目ぇ』
不可。
理解不可。
何故。
理解不可。
不可思議。
摩訶不思議。
―何故?何故?何故?何故?何故?―
『もう、もうぅうううう』
音速。
いや、光速ほどに感じられるりょう様の手の動き。
発射(イ)かせないのなら何故こんな動きを?
『駄目ですっ。駄目ですっうううわぁあらrふぁskrjfごいsdfjvglksdjfhljwhdekuahwbesfdakjsdfnaskjdfhnasjkd;fasdkfspdfks;ldfcmわぁあああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーー』
『駄目っていってるでしょ』
『いぎっいぎっいぎっまっす。いぎます。出るぅ。出るくううううううううううううううううううううわぁあああああああああああああああああああ出るうううううううううううううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー』
俺は遂に果てた。

 

どのくらいの時が経ったのか?
静寂の中、聞こえるのは我に返った俺の荒い息遣いだけだった。
―りょう様は?りょう様はどこに?―
上半身を起こすとりょう様は変わらずそこに居た。
俺はりょう様に言った。
『申し訳ありません。勝手に発射(イ)って出してしまいましたぁ!!』
天使の微笑みでりょう様は俺に言った。
『何が出たの?見てみなよ』
りょう様は俺のNYへと視線を落とした。
俺も自身のNYを見る。
そこには信じられない光景があった。
だらしなくうなだれるNY。
もう誰も守る事なんて出来やしない生用心棒。
『―これは…?―』
思わず心の声が漏れた。
りょう様が言った。
『ドライオーガズム的なもんじゃない?』
俺は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。
りょう様は最後に教えてくれた。
俺の秘密を。
『丘嶋くんって、Mの才能あるよ。』
俺はもう一度笑ってりょう様に答えた。
『そうでゲスか?』

エピローグへ

女性スタッフブログ

埼玉高収入デリヘル
埼玉高収入デリヘル

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ