求人情報

KNHS ~春日部ニューハーフ物語~ 第1話

サブコンテンツ

サい玉県の端っこの端、スプリングデイクラブタウン(SDCT)って街を知ってるかい?
あまり有名なのがないもんだからアニメのキャラクターと藤の木をゴリ押ししてる。
都会でもないし田舎でもないけど結構住みやすいんだ。
俺はそこで生まれ育った。
それなりの高校で楽しくやって、今は街で結構有名な風俗店で日々奮闘中って訳。
俺の話をもう少し続けさせてもらう。
こう見えて…つってもあんたには俺の姿は見えないか?
まあ、こんな俺だけど頼ってくる奴らがいる。
トラブルシューターって言うと大げさかな?
誰が言い出したのか、便利屋のユウヤって言えばそれなりに知られてるんだぜ。
要は、昔っから頼まれると断れないのが俺の性分って事。
人生で一度だってキラキラ光った事なんてないけど、他人だったら輝かせた事もある。
さしずめ舞台の裏方、黒子役がこの俺。
さーて、俺の話はここら辺にして。
物語は俺の勤めていた風俗店から始まる。
ギッラギラの太陽がこんがりバーベキューみたいに俺の体を焼いちゃいそうな暑い日だった。
額に流れる汗をシャツでごしごし拭きながら階段を上って出社。
ドアを開けて、下っ端の俺は元気良く挨拶をする。
『おはようございまぁ~っす』
一直線に自分のデスクへ向かった。
席に着くや否や、一息つきたいのにお呼びがかかる。
トホホ、人気者は辛いね。
俺を呼んだのは社長だった。
いつもは親しみやすい社長だけど、そん時はちょっと違った。
なんて言うのか…暗い訳でもないけど俺を呼ぶ声が違ったんだ。
俺は社長の席にすぐに向かった。
『富士田、お前に頼みがある』
ほーら来た来た。みんな俺を頼ってくる。
俺ってそんなに暇に見えるんだろうか?
あっそうそう、言い忘れてたけど俺のフルネームは富士田ユウヤ。
結構いい名前だろ?まあ、俺の名前の話はもういいか?
で、社長が言うんだ。
この俺に。
『お前、男と経験あるか?』
わかってると思うけど、社長の言う経験はアッチの経験。
もちろん俺は正真正銘のノンケ。
ノンケってのは、その業界では普通に生まれた性別のまま、違う性別の人が恋愛だったり性の対象の人の事らしい。偉そうに講釈たれてる俺だけど、俺も色々調べたからね。
もちろん俺は社長に言った。
『いや、ないッスよ。』
女性経験も乏しい俺は疑われてたのか?なんせ、奥手なもんだから入社当時はホモじゃないかって噂が出たくらい自慢じゃないけど女っ気がないのが俺自身の悩みの種。
社長はその答えを待ってたのか、知ってたのかさらに俺に言った。
『よしっ。ちょうど良い。じゃあ、お前ニューハーフの店でいっちょ経験して来い。』
えっ?えっ?えっ?
少々の事じゃ驚かないけど、いくら便利屋でも限度がある。
出来る出来ないとは別にしたくないだってもちろんある。
だから即決って思ったけど、でもちゃーんとじっくり考えたんだ。
何事も焦りは禁物だからね。
こんな経験そうそう自分じゃしてみようなんて思わない。
これはある意味俺自身のレベルアップに繋がるってね。
なぁ、あんたもそう思うだろ?
だから俺は言った。
『是非、経験させて頂きますっ!!』
続く。

女性スタッフブログ

埼玉高収入デリヘル
埼玉高収入デリヘル

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ