求人情報

KNHS ~春日部ニューハーフ物語~ 第2話

サブコンテンツ

イエスと答え勇んで席に戻ったはいいけど…
さっぱりと掴めない?一体どうすりゃいいんだ?
いかにもって面持ちで腕まで組んで考え込んでると、隣の丘島さんがうまく針に食いついてくれた。
この人を釣るのは練り餌で十分。
鯉みたいにパクパクとすぐ話しかけてくれた。
『富士田。社長に何を言われたんでゲスか?珍しく腕なんか組んで。』
俺はエサ欲しそうに見ている丘島さんに言った。
『いやあ。社長に頼まれ事で。なんかニューハーフの店に行って来いって言われたんすよ。』
少し考え込んで岡島さんは言った。
『なるほど~。そう言えば今度ニューハーフの女の子を採用してみるって言ってたでゲス。たぶんその兼ね合いでゲスね。』
合点がいった。
つまり俺は先遣隊に任命されたって訳だ。生贄じゃなくてとにかく良かった。
心の中でホッと胸を撫で下ろした。
俺は少し丘島さんと世間話をしてから仕事に戻った。

 

遅番である俺は深夜3時を過ぎると時間に余裕が出来て来る。
注文の電話がけたたましく鳴るのがその時間まで。
外を見ると人なんて殆ど歩いていない。
いくら都会じゃないからって繁華街くらいはある。
でもこの時間にもなれば、さすがに息を潜めたように街は静まり返る。
裏腹に俺の心が躍っているのは社長からの頼まれ事で頭がいっぱいだからだ。
はてさてどうしたものか?
丘島さんだと色々聞くのはちょっと頼りない。古林さんや池元さんも物足りない。かと言って邑木さんも違う気がする。
あっそうそう。邑木さんも古林さんも池元さんも皆俺の同僚、って言っても先輩なんだけどね。
人にはそれぞれ得意分野がある。
丘島さんは車。池元さんは何故かフィリピン。邑木さんは一般常識とか色々。
そして古林さんは…
まあ、何かあるだろうなんて考えながら俺はある人にコンタクトを取る事に決めていた。

続く。

女性スタッフブログ

埼玉高収入デリヘル
埼玉高収入デリヘル

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ