求人情報

KNHS ~春日部ニューハーフ物語~ 第5話

サブコンテンツ

8月某日。
俺は上野駅に居た。
駅の構内だというのに暑い。
滝とまではいかなくても、汗が流れ落ちる。
グレーの服を着てこなくて良かったとつくづく思う。
前日に電話しておいた【真打ニューハーフクラブ】の予約時間は18時。
スマホの時計に目をやるとまだ15時。少々早く着きすぎたみたいだ。
ふと思えば小腹が空いていた。ソーセージディナーの前のおやつに時間にちょうどいい。
俺は上野駅を出てアメ横に繰り出すことにした。
入る前からして雑多に店と人がごった返している。
地元とは違う雰囲気でもどこか懐かしい気がした。
人ごみが好きって訳じゃないけど、どこか異国情緒のあるアメ横は好きだ。
店先で売られている怪しげな腕時計やお菓子がやけに魅力的に映る。
昔あったエッチな本の自動販売機みたいだ。
どんな内容か表紙さえもわからない時もある。
買って中身を見てみるととんでもなく写真も漫画も古い。
それでも手を伸ばしそうになる。きっと買ってしまえばその日のうちに後悔するかも知れない。
目的が違うので今日は止めておこう。
鮮魚店の値段はあって無いような物。ガナリ声で売り上げのラストスパートを店主が欠けている。
マラソンと一緒でペースも考えず朝一から怒鳴ってれば最後までもたなそうだ。
アメ横も一昔前と違って随分様変わりしたんだろう。
とは言っても、昔のアメ横は知らないのであくまで予想。
アメ横を少し進むと韓国のホットック、トルコのドネルケバブ、それに中国の小龍包の店がお目見えする。そして築地も近いので回転寿司屋なんかもある。
食欲が加速する。そこまで減っていないと思っていたお腹は予想以上に泣き叫ぶ。
夏ってのは不思議なもんで、暑い分汗も出るし直ぐにエネルギーが空っぽになる。それでいて直ぐに補給をしないと今度は暑さにやられて何も食べられなくなる。
急いで食べたい物を思い浮かべる。
早く食べないと何も食べられなくなる。
白河さん流で言えば、経験がそう告げてるってね。あんたもそう思うだろ?
とりあえず一番強烈に視覚でアピールの感じたドネルケバブに決めた。
ワンコイン500円で妄想観光がぐっと現実味を帯びる。
一番辛い山崎スペシャルと書かれているのを注文する。
金串にささった何百枚もの肉・肉・肉。
クルクルと周りながら焼けていく様子はバレリーナかフィギアスケーターのようだけどちょっと寸胴だ。
でも、今の俺にはそれこそ世界一魅力的に見える絶世の美女。
店員は慣れた手つきで肉をそぎ落としていく。
俺の手までトルコからの直行便で運ばれる。わずか数秒のフライト。
ずっしりと重い。キャベツとトマトそしてもちろん肉。
ピタパンの中に広がるトルコにかぶりついた。
『う~んイスタンブール』
思わず俺の知ってるトルコの全知識が口をついて出た。
スパイシーなピリ辛のソースと肉汁。
それに野菜とぴたぱんと肉の歯応えが三位一体でまさに最強。
アニメの合体ロボだって、コレには勝てない。
なあ、あんたもそう思うだろ?
俺はペロリとドネルケバブを平らげて、もう少しアメ横をふらつく事にした。

女性スタッフブログ

埼玉高収入デリヘル
埼玉高収入デリヘル

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ