求人情報

大人な映画【横乳あり】

サブコンテンツ

ミナサンこんにちは☆ 夜の部スタッフの小林です。

早速ですが、今回皆さんにご紹介したいのは、
『スポットライト 世紀のスクープ』(2015年11月 米)でございます♪

yjimage

この映画、実は今年に入り、CMとか各テレビ局でも特集が組まれておりましたので、皆さんも度々目にしてご存知の方も多いかと思いますが、今年2月のアカデミー賞で複数の部門にノミネートされ、作品賞など2部門を獲得し、日本でも4月から公開となっている作品でございます☆

その内容を簡単に説明しておきますと、アメリカ・ボストンで実在する新聞社「ボストン・グローブ紙」の報道(実話)に基づいた、米国内では最も長い歴史を持つ同紙の通称「スポットライト」と呼ばれるチームによる、カトリック教内部での神父たちによる少年少女に対する性的虐待事件の真相に迫る、ジャーナリズムを追求した社会派映画となっておりまする。

ここからは、これから映画を見る人は読まない方が良いかと思いますが。
↓↓↓

更に堀り下げますと、チームは、ある日、上司からの命令で「教会の神父たちによるイタズラしちゃってる噂話」の真相に迫る記事を書くよう指令を受けてしまいました。

最初は大したスクープじゃないと油断していましたが、調べを進める内に、実はボストンだけでも13人もの変態神父がいる事を突き止めてしまいます。

更に真相に迫って行くと、彼らはほんの氷山に一角に過ぎず、少なくても100人近い被疑者が浮上してきてしまいます。

しかも、どうやら世間体がとても大事な職業柄、教会丸ごと組織ぐるみで、お金を使い、人脈を駆使して、数々の証拠を揉み消している事実も掴みます。

どうやら神父たちの手口はこんな感じです。貧しい家庭に近づいては、優しくし、その家族の子供達に教会の手伝いをさせて接近します。

貧しい家族からすれば、神父は神様と同じ存在なので、大変喜ばしい事と崇めますが。。

そんな心の弱みにズケズケと付け込む変態神父達の実態の数々を暴こうとする記者たちと、
その実態をひた隠しにしようとする地域の熱心な信者たちとの、
ある意味心の葛藤・戦い、駆け引きの難しさを描いたヒューマンドラマに仕上がっている、見た者にある種の衝撃を与える作品だと思います(汗)

と、小難しい社会派映画の話はここまでにして、なぜ今回この映画を取り上げたのか?
それは至って単純な理由でございます☆

今回の記者チーム唯一の女性記者を演じている女優「レイチェル・マクアダムス」が先のアカデミー賞で披露したセクシードレス姿がかなり印象的だったからなのです(笑)

rachel-mcadams-1-210-210

 

 

o0647097013581514646

映画で見るキャリアウーマン的な彼女とは真逆の、背中の開いたセクシードレス姿に魅せられてしまいました!
今回の結論!

今回の結露!
ドレスから見え隠れする 横乳は、とっても悩ましいぃーーー!!

女性スタッフブログ

埼玉高収入デリヘル
埼玉高収入デリヘル

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ