求人情報

「お店からの紹介文を計量分析してガチで読む」をガチで読む

サブコンテンツ

ボーン・アイデンティティーのマット・デイモンみたいな髪型にしたい衝動に駆られてセルフカットをしたら病気のヒヨコみたいになってしまったヤスです(´・ω・`)

さてさて。今回はデリヘル店員として興味深いテーマをご紹介させていただきます。

デリヘル嬢の「お店からの紹介文」を計量分析してガチで読む

この分析結果は以前から風俗業界のツイッター界隈では話題になっていたのですが、先日、地上波の「タモリ倶楽部」でも紹介されるぐらい高い評価を得ているようです。

分析結果の詳しい内容はリンク先の記事を読んでいただきたいと思いますが、簡単に内容を説明すると「デリヘル店のお店からの紹介文を計量分析して、出現する回数が多い単語を調べることから紹介文の傾向を読み解く」という素晴らしい内容となっております。

ちなみに頻出回数の分析ランキング結果はこちらです。

20170819034619

「ランキング1~3位の紹介文」と「ランキング圏外の紹介文」では使用される単語がこんなにも違うのかと驚きますね。

ツイッターでは、この記事を書いている「25歳素人童貞さん」から、「Aのランキングの1位とBのランキングの2位に入る単語は何か」というクイズがありましたので私も予想してみましたが、残念ながらハズレました。


皆さんはどんな単語が入ると思いますか?

ちなみに、Aの答えは「お客様」、Bの答えは「清楚」のようです。

私、今まで数千件の紹介コメントを作成してきていると思いますが、この答えはちょっと予想出来ませんでした。

自信のある女の子の紹介文を作成するときは、無意識に「お客様!お客様!」と呼びかけているんですね。「なんとしても伝えたい」という熱意の現れなのかもですね。

この分析結果が地上波の人気番組「タモリ倶楽部」で放送されたことにより、今後は「お客様」という単語の使用を控えるデリヘル店員さんも増えるかもしれません。

もしくは、暗黙の鉄板キーワードとして「お客様」を使う店も増えるかもしれませんね。

「風俗店の紹介文なんて信頼できないよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、見方を変えると、このように真実が見えてくる一例だと思います。

アストラッチャでは全スタッフが紹介文作成に取り組んでおり、作成者の名前を表記しておりますので、それぞれのスタッフの傾向を読み解き、お好みの女の子を見つけてくださいね。

女性スタッフブログ

埼玉高収入デリヘル
埼玉高収入デリヘル

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ