神眼を持つ男。落合博満。

久しぶりにスタッフブログが定期的に再開となりました。

自分は野球観戦が趣味でなので書く事に困ったら野球ネタで行こうと思います。
いきなり困ったので1回目から野球ネタです(笑

今回は落合博満さんの神眼について。

落合博満氏をざっくりと説明すると三冠王3回など輝かしいタイトルを取り選手としては超一流、監督をやっても通算8年で4回のリーグ優勝と1回の日本一、そして全てAクラス(上位3位)と超優秀でプロ野球界ではとんでもない方です。

少しメディアやファンにサービス精神が無く悪い言われ方もするんですが、やはりそういう方って現役時代も監督時代も数々の伝説があるんです。今回は人と目を付ける所が違う落合博満の神眼と言われる逸話をご紹介します。

まずはこちらの動画を…

2010年4月27日の中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ主審の森の体調不良をいち早く見抜いた落合博満監督が交代を勧めてます。森審判も多少具合が悪いのはわかってたでしょうがこれくらい大丈夫と落合氏を宥めて試合を進めます。しかしその後フラフラになり結局別の審判に交代したという場面です。

相手監督・他の塁審・解説実況・関係者誰も気が付かない異変に付いて指摘した、そこまで見えてるんかーい!という代表的な神眼シーンです。

その他にも6年連続でゴールデングラブを取っていた日本一の二遊間(セカンドとショートのポジションの事)アライバコンビ(荒木・井端)をコンバートした逸話も。

簡単に言うと球界を代表するめちゃくちゃ上手くいってるポジションをなんでわざわざ変更するの??と誰もが思ったコンバートでした。

これについては落合は練習を見て「あの二人は、足ではなく目で打球を追うようになった。楽をすることを覚えたんだ。だから、また一から守りを勉強してもらう」と発言をしてる。しかし本当の本音は荒木の才能を神眼で見抜き、長く野球が出来るようにという意味が込められていた。将来的にサード井端、セカンドに荒木を戻し、ショートも経験した荒木と組ませる事で若手のショートを育てられるとチームの先の先までも見据えていた。

これについて荒木氏は「落合さんの目は誤魔化せない」とコメントしてます。

今回はここまで。
また次回書く事に困ったら落合さんの話はまだあるので小出しにしていきたいと思います(笑

アストラッチャ受付センター

俺のマドンナ受付センター

オナヘル学園受付センター

2019-10-05 神眼を持つ男。落合博満。 はコメントを受け付けていません スポーツ